• 政治・経済
  • 2013/08/23

日本の銀行と提携しているインドネシアのメガバンク3行まとめ

 インドネシアでビジネスを始めるにあたり、どうしても現地の金融機関との交渉が必要。現在、日本の地方銀行や信用金庫はインドネシアのメガバンクと業務提携をし、現地での業務サポート環境を整備を進めています。今回は、日本の銀行と提携しているインドネシアのメガバンク3行を紹介します。いずれも、日本人スタッフや日本の提携銀行から派遣された行員が対応する日本人向け窓口「ジャパンデスク」があり、とても心強いです!

バンク・ヌガラ・インドネシア(BNI、ベーエヌイー)


バンクネガラインドネシア(Bank Negara Indonesia) は1946年7月5日に、インドネシア政府設立によるインドネシア最初の銀行として誕生しました。
弊行は、現在約1,000以上の国内支店と5つの海外支店を有し、インドネシア国内にATMを備えている他、インターネットバンキング、テレフォンバンキング、モバイルバンキング等のサービスも行っております。弊行は常に最高のサービスを、プロフェッショナルな人材と最新の情報技術を駆使することによって実現しています。(公式ウェブサイトより)

 インドネシア国内の事業拠点は1,500カ所以上、資産規模は299兆ルピア(約2.5兆円、インドネシア国内第4位)のメガバンク。ジャカルタの日本人対応デスクは13人と規模が大きいです。

 東京にも支店があります。現金書留を利用した送金やエクスプレス送金など、インドネシアへの国際送金サービスが充実しています。


 日本の51の信用金庫・銀行と業務提携済。内容は各金融機関によって異なりますが、おおむね現地情報の提供や金融サービスの提供をしています。一度付き合いのある地方銀行がインドネシアの銀行と提携していないか確認してみることをおすすめします!


 BNIと業務提携・協力している銀行・信用金庫は以下の通り。(一部のみ)

国際協力銀行、信金中金、北海道銀行(北海道)、東北銀行(岩手)七十七銀行(宮城)、フィデアホールディングス(秋田県 北都銀行および荘内銀行)、東邦銀行(福島県)、山形銀行(山形県)、常陽銀行(茨城県)、武蔵野銀行(埼玉県)、東京都民銀行(東京都)、群馬銀行(群馬県)、山梨中央銀行(山梨県)、福井銀行(福井県)、第四銀行(新潟県)、北陸銀行(富山県)、愛知銀行(愛知県)、名古屋銀行(愛知県)、岡崎信用金庫(愛知県)、十六銀行(岐阜県)、清水銀行(静岡県)、三重銀行(三重県)、百五銀行(三重県)、第三銀行(三重県)、滋賀銀行(滋賀県)、京都銀行(京都府)、南都銀行(奈良県)、池田泉州銀行(大阪市)、広島銀行(広島県)、中国銀行(岡山県)、西京銀行(山口県)、山口フィナンシャルグループ(山口県)、山陰合同銀行(島根県)、阿波銀行(徳島県)、徳島銀行(徳島県)、百十四銀行(香川県)、香川銀行(香川県)、伊予銀行(愛媛県)、愛媛銀行(愛媛県)、四国銀行(高知県)、肥後銀行(熊本県)、鹿児島銀行(鹿児島)

バンク・インターナショナル・インドネシア(BII、ベーイーイー)

 BII は、マレーシアで資産規模トップの MayBank のインドネシア子会社銀行です。日本企
業の入居する工業団地などを網羅した幅広い拠点ネットワークと、地場銀行で最も充実した
ジャパンデスク(日本人2名を含む6名)を通じ、日本企業に対してきめ細やかな金融サー
ビスを提供しています。 (信金中央金庫プレスリリースより)

 資産規模は96兆ルピア、インドネシア国内8番目の規模の銀行。


 BIIでは、住友銀行(現三井住友銀行)のジャカルタ駐在員事務所所長、シンガポール支店長などを歴任し、1997~98年のアジア通貨危機後に、BIIで頭取を務めた経験もあるベテラン銀行マンの只野宏氏がシニアアドバイザーとして、ジャパンデスクを指揮。10年末に活動を開始した只野氏は「個人、法人を含めた金融界のワンストップサービスの確立を目指す」と意気込む。(フジサンケイビジネスアイ紙、2012年2月6日)

 業務提携の内容は各行違うものの、現地情報の提供や金融サービスが中心のようです。
 日本人担当窓口のスタッフは6人、うち2人が日本人。日本人のベテラン銀行マンがいるのはとても心強いですね。

 インドネシアでJCBブランドのクレジットカードを発行しているのもBII。ジャパンデスクで発行できます。(写真・infobankより)


 提携先銀行は以下の通り(2012年7月)

 北海道銀行(北海道)、山形銀行(山形県)、東邦銀行(福島県)、常陽銀行(茨城県)、武蔵野銀行(埼玉県)、第四銀行(新潟県)、山梨中央銀行(山梨県)、福井銀行(福井県)、清水銀行(静岡県)、三重銀行(三重県)、南都銀行(奈良県)、山陰合同銀行(島根県)、阿波銀行(徳島県)、百十四銀行(香川県)、伊予銀行(愛媛県)、四国銀行(高知県)、肥後銀行(熊本県)、名古屋銀行(愛知県)、第三銀行(三重県)、西京銀行(山口県)、徳島銀行(徳島県)、香川銀行(香川県)、愛媛銀行(愛媛県)

CIMBニアガ

 CIMBニアガ銀行はジャカルタに本店を置き、資産規模は国内5位の約1兆3千億円 (2010年12月末時点)。約800店舗の国内拠点と従業員約1万2千人を抱える。 本店には「ジャパンデスク」を開設し、日本語によるきめ細かいサービスを提供している という。「北國新聞 2012年12月28日、インドネシアで支援強化 北國銀」より引用

 提携銀行は静岡銀行、八十二銀行(長野)、千葉銀行、北國銀行(石川)の4行のみですが、それぞれと提携して視察ツアーや交流会を盛んにやっているようです。規模は大きくないけれどもサービスを手厚くしているようですね。

 ジャパンデスクのバイスプレジデントは日本育ちのユキフリ・ジナールさん。(NNAインタビュー

 2013年7月にはJCBとカード発行・加盟店業務で提携関係を結んでいます。


Walkers

Walkersインドネシア公式アカウントです。 インドネシアでのビジネス、生活に関わる情報、進出に役立つ情報を発信していきます!

注目のQ&A

一覧を見る

Walkersに問い合わせる

  • 会社名

  • 担当者名(必須)

  • メールアドレス(必須)

「まとめを書く」にはログインが必要です