• ライフスタイル
  • 2013/07/05

遺失届はここで手に入る!ジャカルタ警察本部にいってみた

 日本人がインドネシアで巻き込まれる犯罪のトップ3は、スリ、置き引き、ひったくり。万が一があったときのために、パスポートの再発行や、海外旅行保険の携行品損害保険請求で必要な遺失届を手に入れる方法などをお伝えします。

(1)警察本部のポルダ・メトロジャヤへ

 ジャカルタ内でものを盗まれた・紛失し、遺失届などが必要な場合、ジャカルタを管轄する警察本部「ポルダ・メトロジャヤ(POLDA METRO JAYA)」に届け出ましょう。街の至る所に警察の詰め所はありますが、対応は場所によってまちまち。散々待たされた挙げ句、「明日来てくれ」「やっぱり違う場所に行ってくれ」と言われたーーなんて話も少なくありません。手間と時間のロスを防ぐためにも、はじめから本部にいくのがベター。

 場所は、スディルマン通りとガトット・スブロト通りにはさまれた場所。プラザ・スマンギの向かい、クラウン・プラザホテルから徒歩圏内です。トランスジャカルタ・バスウェイの「POLDA」停車所で降りると便利です。

 住所は「Jl.Jenderal Sudirman Kav. 55 Jakarta Selatan 12190」。地図上の緑色の矢印で示した一帯すべてが警察本部です。

 スディルマン通りからでもガトット・スブロト通りからでも入れます。スディルマン通りからの場合、歩行者用入り口が細いので分かりづらいかもしれません。

(2)警視庁内は、広い!

 警察本部は宿舎や訓練所も兼ねているので、とにかく広い! 遺失届などを発行してくれる場所は、警察本部内の「SPK(Sentral Pelayanan Kepolisian、警察サービスセンター、エスペーカー)」というところ。スディルマン通りから見て一番正面にある大きな建物のちょうど裏側にあたります。
 わからない場合は、警察官に「エスペーカー ディマナ?(SPKはどこ?)」と聞きましょう。

(3)事情を説明

 書類を発行してもらうには、身分証明書の原本あるいはコピーが必須。白黒コピーでも大丈夫です。パスポートは紛失した場合、再発行する際コピーがあるかないかで手続きがだいぶ変わります。渡航の際、パスポートのコピーは複数用意し、財布や手帳、トランクケースなどに付けておきましょう。

 遺失届などの書類はインドネシア語でも英語でも作ってもらうことができます。日本の旅行保険会社に出すものは英語で、電話オペレーター会社などインドネシアの会社に提出するものはインドネシア語で作ってもらうとベターです。

 「何月何日、何時ごろ」「どこで」「失ったものとだいたいの価格」を伝えると、ものの数分で作成してくれます。担当の警官は、英語が少しできる人もいますが、インドネシア語で伝えられるよう、自分で準備をしておくと良いでしょう。

 インドネシアの警察というと賄賂を要求されるというイメージが強いですが、ウォーカーズ編集部が申請した際は、一切ありませんでした。きれいな婦警さんが「24時間対応をしているから、困ったことがあったらいつでもきてください」とにっこり。非常にフレンドリーな対応でした。 

パスポートを紛失しても、帰れる?

 パスポートの再発行は、インドネシアにある日本大使館でできますが、数週間の時間がかかります。出張者や、すぐ日本に帰らなくてはならないという人は「帰国のための渡航書」を大使館で出してもらえます。

(帰国のための渡航書発給手続)
  ①申請 : 申請及び交付とも本人出頭
  ②必要書類 (※印のある届書は大使館領事部窓口にてお渡しします。)
   (イ)渡航書発給申請書※
   (ロ)紛失一般旅券等届出書※
   (ハ)写真(4.5cm(縦)×3.5cm(横)):2枚
      * 写真の規格については新規(切替)発給の場合と同様
   (ニ)日本国籍を立証する書類
      (戸籍謄(抄)本、住民票等により本籍地が確認できるもの)
   (ホ)警察署発行の紛失(盗難)届出証明書(原本)
   (ヘ)帰国便の航空券(オープン・チケットの場合は帰国日を確定させたもの)
  ③交 付 日 : 原則当日(必要書類がそろっている場合)
在インドネシア日本大使館ウェブサイトより)

 その後、入国管理局で出国のための手続きが必要です。

以下を持参の上、最寄りの入国管理事務所で出国の為の手続を行ってください。
 ①警察発行の証明書
 ②新たに作成した旅券又は渡航書+同コピー3部
 ③大使館領事部より発行されたレターオリジナル+コピー3部
 ④もしあれば、旧旅券のコピー3部
 ⑤持っていれば、出国カードオリジナル又はコピー3部
 ⑥帰国又は国外へ出国するためのチケット
在インドネシア日本大使館ウェブサイトより)

 治安は多少よくなったといえども、日本と比べて盗難は多いインドネシア。油断は禁物、十分すぎるほど注意してジャカルタを味わいましょう!


Walkers

Walkersインドネシア公式アカウントです。 インドネシアでのビジネス、生活に関わる情報、進出に役立つ情報を発信していきます!

注目のQ&A

一覧を見る

Walkersに問い合わせる

  • 会社名

  • 担当者名(必須)

  • メールアドレス(必須)

「まとめを書く」にはログインが必要です